「HOME ERECTA VINTAGE」

2018/04/07

50年以上の歴史を誇るワイヤーシェルフメーカー「ERECTA(エレクター)」

エレクターの歴史は、
1955年にアメリカのインターメトロ社によって開発されたワイヤーシェルフから始まります。

岐阜・白川郷の合掌造りの民家を、東京に移築して開店した和食レストラン「ふるさと」の創業者・柳屋行が、1964年にハワイ店をオープンした際に、厨房で目にしたエレクターシェルフに魅了され、1966年に日本での取り扱いが始まります。
以後、スタンダードエレクターやスーパーエレクターが、ホテルやレストランの厨房などを中心に普及し、
1994年代には一般家庭向けの「ホームエレクター」をスタートさせました。
近年も新しい素材や技術を採用するなど、半世紀以上も愛され続け、これからも必要とさせるシェルフメーカーとなりました。

そして、2016年には設立50周年を迎えたエレクターよりヴィンテージシリーズが誕生しました。
長い歴史に裏付けされる品質の良さはそのままに、その歩んできた歴史を感じさせる重厚感のある仕上がりです。

その特徴は様々なサイズや仕様のパーツを自由に組み合わせて、シェルフだけでなくハンガーラックやデスクなど、思い通りのオリジナルシェルフを作り上げることができます。

さらにプレミアムシリーズとして、ウォールナット、オーク、オールドシダーを使用した少し贅沢な「プレミアムウッドシェルフシリーズ」もございます。

店頭にてシェルフやハンガーラック、デスクを展示しておりますので是非お越し下さい。
またサイズや価格などに関しても、お電話やメールでのお問い合わせも承りますので、お気軽にお問い合わせください。

Mid-Century MODERN
Tel:03-6451-4531
Mail:mail@mid-centurymodern.com