George Nakashima “Origins”

2022/05/26


こんばんは!

昨今コアなファンを中心に世界的な人気を博すジョージ・ナカシマのチェアが入荷したのでこちらについてご紹介しようと思います。

当店のブログをご愛読いただく皆さまにとってナカシマとは既知な存在かと思いますが、

今回入荷したアイテムはそんなナカシマのキャリアのうちでも変化球に類されそうなのでどうぞ最後までご一読ください。



まずナカシマと言えば、樹形をそのまま生かす無垢材のパーツを用いた家具が最も印象的です。

彼の名前を知らなくても、作品を見れば「あぁ、これね」となる方もいらっしゃるかと思います。

コノイドチェア(1959年)/ジョージ・ナカシマ


1905年、日本人の両親のもとアメリカのワシントン州生まれ。

ボーイスカウトに所属しアメリカの雄大な大自然に慣れ親しみながら育つ。

学生時代は成績も優秀でワシントン大学で建築学と森林学を学び、首席で卒業。

その後にマサチューセッツ大学で建築学の修士号を取得。

世界中を放浪後に両親のルーツでもある日本へ訪れて、アントニンレーモンドの建築事務所に就職。

ところがほどなくして第二次世界大戦にアメリカが参戦したことで、日系人のナカシマは収容所へ送られる。

ここで後のナカシマの作品に大きな影響を与えることとなる同じ日系人の大工と出会い、

彼から日本の伝統的な木工技術を学ぶ。




このような経緯を辿り、後世にまで名を残すほどに偉大な作品が誕生することとなります。

ナカシマがキャリアをスタートした当初、大量生産は好まないというのが彼の哲学でした。

そんな哲学持っている一方で、

もちろんそんな彼にデザインを依頼したいメーカーが名乗り出て口説き落としたのがアメリカのKnoll社。

1945~1954年の10年間、彼はKnoll社とタッグを組み自身の作品を量産するという、彼にとっては新たな試みに取り組みます。

1946年発表の木材だけを用いたナカシマ チェアをはじめとし、多くのヒット作を残しました。

そしてKnoll社との協業が明けた後に、1957~1961年の5年間に手を取り合ったのが

アメリカのWiddicomb Furniture Co.でした。



この期間にデザインされたのが今回当店にも入荷している”Origins”シリーズ。

前述の通り、ナカシマの作品としては樹形をそのまま生かす無垢材を用いた家具が最も有名ですが、

“Origins”にラインナップされるチェアの座面と背もたれにはクッション材が設けられファブリックが張られています。



そうすることで、座り心地に関してはやはり快適さが増していることに間違いありません。

建築技術が家具のデザインにも応用され落とし込まれていることが彼の作品の特徴でもありますが、

Widdicomb Furniture社の”Origins”もそこはしっかり踏襲されています。



そう考えると見た目のかっこよさと座り心地の良さ、そのどちらもを追及してデザインされた

まさに才色兼備なシリーズなのです。


当店でも入荷する機会は珍しいので、是非この機会に店頭にてお試しください。


Origins Lounge Chair


Staff Takumi


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/

Innovator POP-UP EVENT 「JUST AS YOU ARE」

2022/04/27

4月27日から5月17日までスウェーデン発の家具ブランド「Innovator」の国内初のポップアップイベントを阪急メンズ東京店にて開催いたします。

1964年にヨハン・ホルト氏がコペンハーゲンで発表した「スタンス」からInnovatorがスタートしました。
その後世各地でデザイン賞を受賞し、一躍注目のブランドとなりました。

現在日本で販売されているInnovatorは日本で生産され、デザインは設立時のまま、現代に沿った耐久性と強度を追求し、丁寧に職人が製作しています。
今回はInnovatorのソファやテーブルも合わせて展示いたします。

期間中ご購入いただいた方には非売のInnovator トートバッグをプレゼントいたします。
是非この機会にお試し頂き、お求めください!


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/

IN STOCK FROM THE UNITED STATES

2022/04/22

アメリカよりコンテナが到着しました!

いつも開梱作業は宝箱を開けるような気分です!(翌日は大変) アメリカミッドセンチュリーはもちろん、デンマークやフィンランドのデザイナーの家具も入荷しております。

4月28日よりMid-Century MODERN 品川店にて展示販売を開始致します。
今回は先行して店頭とインスタグラムにてご案内してまいります。
ご愛顧いただいております皆様におかれまして、毎日漏れなくチェックして頂きますようお願い賜りますよう申し上げます。

世界情勢の変化からアメリカでの物価の上昇、円高でかなり今後ヴィンテージ家具の価格の変動が予想されます。 価格はモノの価値で変動してほしいところではございますが、情勢に抗えず上げざるを負えない部分もございます。
なるべくお求めやすい時期にお求め頂きたいと思っております。

是非ゴールデンウイークの予定のおひとつに組み込んでいただけますと幸いでございます。

皆様のご来店お待ちしております。


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/

【Artek】Spring Campaign 2022 Compact Home Office

2022/04/02
自宅から働く在宅ワークがより一般的になった今、アルテックから住まいの空間に合わせた、さまざまなスタイルのコンパクトなホームオフィスをご提案します。

Compact Home Offieと名付けられたアルテック春のキャンペーン。
ブルレック兄弟のKaariシリーズやアアルトデザインのテーブルやチェアが対象となっております。
アルテックらしい曲線や素材感がご自宅のワーク環境を向上させてくれます。

プレゼント対象商品

REB013 カアリ壁付けシェルフ・デスク REB010 カアリ壁付けシェルフ・デスク
REB009 カアリ壁付けシェルフ REB008 カアリ壁付けシェルフ REB006 カアリ壁付けコンソール
REB005 カアリデスク REB012 カアリテーブル  REB001 カアリテーブル  REB002 カアリテーブル
REB011 カアリテーブル REB003 カアリテーブル REB004 カアリテーブル 
アルテックのチェア(ラウンジやアームチェア、ハイチェア、子供用チェアは除く)
80Aテーブル、81Bテーブル、90Bテーブル、95テーブル(TBD)

「コンパクト ホームオフィス」をテーマとした春のキャンペーンでは対象のアルテック製品を50,000円以上(税込)ご購入いただくと、キャンペーン限定の特別なプレゼントをご用意。
日本で高品質なものづくりを追求するポスタルコとのコラボレーションによる非売品の「リヴィ スナップパッド」。
スナップパッドは、お手持ちの紙を入れて、用途に合ったノートブックとしてカスタマイズできるポスタルコの人気アイテムです。

Mid-Century MODERNでは阪急メンズ東京店にてKaari Wall ShelfやKaari Deskを展示しております。

是非この機会にご来店ください!

Artek Spring Campaign 2022
Compact Home Office
【期間】2022年4月1日(金) – 5月8日(日)
※プレゼントが無くなり次第終了

Mid-Century MODERN 住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26 TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532 URL : www.mid-centurymodern.com MAIL : mail@mid-centurymodern.com BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休 Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京 東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F 03-6252-5491 BUSINESS HOURS:11時~20時 HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/ FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/ INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/

柳本浩市 ARCHIVIST

2022/04/01

2017年に自由が丘で開催された『柳本浩市展 “アーキヴィスト ー 柳本さんが残してくれたもの”』をまとめた記録集「柳本浩市 ARCHIVIST」が出版されます。
2016年3月に46歳で急逝された、デザインディレクター、柳本浩市氏を追悼する展覧会「柳本浩市展」“アー キヴィスト ー 柳本さんが残してくれたもの”は、2017年4月29日~6月4日まで、東京都自由が丘のsix factoryにて開催されました。 柳本浩市氏は、2002年に出版やプロデュースを行う自身のレーベル Glyph.(グリフ)を立ち上げ、Glyph.名義での出版や、企業との商品開発、展覧会のプロデュースなどで多くの実績を残され、同時に多様なジャンルの収集家として知られ、その収集物が展覧会や各種媒体で紹介されるなど、価値の高さが広く認められていました。膨大な知識の持ち主でもあり、収集物と知識を生かしたいっそうの活躍が期待されていました。 今回の記録集は、展覧会場で公開された柳本浩市氏が自ら作成し、自宅に保管していた資料ファイルなどは来場者は実際に手に取って貴重な内容を見ることができました。
そこには 多様な領域の記事や文献とともに、伝説的エアライン「ブラニフ」や過去の大阪万博、BRAUN、IBM、リーバイ・ストラウスの印刷物なども含まれました。また、世界各国のスーパーマーケットや郵便局などで入手した食品パッケージ、洗剤などの容器、配送用ボックスなども展示し、様々なアイテムを博物館のように分類と関連性をもって展示しました。

書内では生前、柳本氏と親交のあった方々による寄稿文や氏のレクチャー「アーカイブ個人編集論」なども集録。柳本氏のアーキヴィストとしての収集・整理・編集などの活動が改めて一望できる一冊となっています。

柳本浩市 ARCHIVIST

Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/