営業再開のご案内

2020/05/29

4月8日に臨時休業から約1.5か月がたち、やっと再開の運びとなりました。

品川店につきましては当面の間アポイント制とさせていただきます。
ご来店ご希望の方は事前にご連絡くださいませ。

品川店
開店時間
11:00~19:00(短縮営業)
※入店の人数を制限する場合がございます。
※入店時に以下の3つの確認をさせて頂きます。
・マスクの着用
・手の消毒
・発熱の有無の確認(37.4℃以下の方のみ入店可能となります。)

阪急メンズ東京店
11:00~19:00(短縮営業)
※入店時に検温、消毒を行っております。ご協力をお願い致します。

また休業中は多くのお客様にオンラインストアをご利用頂きましてありがとうございました。 出荷日を限らせて頂き、お届け日のご希望に添えなかったり、お問い合わせが遅くなったりとご迷惑をお掛けいたしました。 引き続きご来店が難しいお客様はお電話やメール、SNSにてお気軽にお問い合わせくださいませ。

Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-19時 年中無休
当面の間はアポイントメント制とさせていただきます。

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~19時
MAIL:mcm_hankyu@bs-intl.com

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/

Umbrella Stand / Saito Wood

2020/05/19
日本が世界に誇るプライウッドメーカー、SAITO WOOD(サイトーウッド)のアンブレラスタンド。
シンプルな構造が質の良さを際立たせています。
探すとなかなか良いものが見つからないことが多いですが、こちらはサイズ感やデザインもお勧めの傘立てです。

カラーバリエーションもいくつかございますが、少量での入荷となっております。
次回も未定ですが入荷予定となっておりますので、ぜひご検討のほど宜しくお願い致します。

Umbrella Stand
※詳細は商品ページにてご覧頂けます。


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時
MAIL:mcm_hankyu@bs-intl.com

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/

F031 Desk / Pierre Paulin

2020/05/17
本日はお勧めのホームワークデスクの1つをご紹介します!

1950年代にフランス人デザイナー、ピエール・ポランが手掛けたワークデスク。
リボンチェアやタンチェアなど1960年代を象徴する有機的なデザインとは異なり、初期作品にみられる直線を基調としたミニマルなデザインと、機能性を追求したフォルムが特徴です。
傷がつきにくいマットな質感の天板、設置場所を選ばない背面仕上げ、強度とデザインを両立させた安定感のあるスチール製の脚など、無駄を排除しディティールにこだわったシンプルな構造で、どこから見ても美しいデスクに仕上がっています。

デスクトップパソコンも悠々と置くことができる奥行き。
深さの異なる2段の引出しは、A3サイズが入る大きさで十分な収納力があり、デスク上をすっきりと保つことができます。

海外のデスクは日本の生活様式には大きすぎることが多いのですが、この年代にポランがデザインしたデスクは比較的小ぶりで、非常に使いやすいサイズ感となっております。
さらにドロワーの位置も左右お選び頂けるなど、細かい仕様の変更も可能です。
クセがない馴染みの良いデザインは、お使いの家具との相性も気にせずにお使い頂けると思います。

当店でもロングセラーの商品となっていますので、自信を持ってお勧め致します!
カラーや仕様、納期などに関してもお気軽にお問い合わせください。

F031 Desk Oak
F031 Desk Teak
※詳細は商品ページにてご覧頂けます。


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時
MAIL:mcm_hankyu@bs-intl.com

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/

Eames LCW(Lounge Chair Wood)

2020/05/16
現在の社会をみてもわかるとおり、奇しくも世界や国単位で起きる争いや危機の中で、新たな技術や素材が進歩し、それに伴い生活様式や価値観までもが大きく変化してきました。
第二次世界大戦後の世界も同じく、多くの技術や素材が発明され、それらは国民の生活のために各分野で平和利用されていくことになります。
家具やインテリアアイテムにおいては、メーカーやデザイナーが新たな産物を採用することで、今までには製造ができなかったデザインへの挑戦と、大量生産や低コストを実現させていきました。
人と物と文化に溢れていた「黄金の50’s」といわれる米国の黄金時代には、数え切れないほどの製品が世に送り出されていましたが、そんな物に溢れた時代の中でも、多くの人々を惹きつけていた、現代で名作と呼ばれるようになる家具も多く誕生しています。

このLCWもそのうちの1つ。
ミッドセンチュリーのデザイナーにおいて最も有名と言っても過言ではない、チャールズ&レイ・イームズ。
このイームズ夫妻が、元々は戦時中に怪我をした兵士の足を固定するレッグスプリント(添え木)を製造するために採用していた、プライウッド(成形合板)という技術を使って作りあげた、ミッドセンチュリーを代表する名作チェアです。

半世紀以上前にデザインされ今もなお愛され続けている、歴史と普遍性を感じさせてくれる1脚だと思います。
今回は新しい年代のものになるため、非常にコンディションも良く、ヴィンテージより比較的お求めになりやすいのも、日常使いするのには向いてるかもしれません。
この機会にぜひご検討ください。

LCW / Used
※詳細は商品ページにてご覧頂けます。


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時
MAIL:mcm_hankyu@bs-intl.com

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/

Rocommended Work Chair

2020/05/04
世界中のオフィスで採用されるハーマンミラー社の傑作ワークチェア、アーロンチェアの改良版「アーロンチェア・リマスタード」。ペリクル(座面の張地)を、より身体に合うように箇所によって硬さを変えていたり、絶妙なグレードアップが施されています。
Aeron Chair Remastered
アーロンチェアと対をなすハーマンミラー社のワークチェア「エンボディ・チェア」。アーロンチェアより重厚で深い座り心地が特徴。
Embody chair
ハーマンミラー社の中で最も新しいシリーズ「コズムチェア」。柔軟性のある座り心地と、洗練された見た目とカラーも特徴です。 「COSM Chair
イームズがデザインしたオフィスシリーズの名作チェア「イームズ・アルミナムグループ・サイドチェア」。美しいフォルムはご自宅での使用にも非常にお勧めです。張地やアームなどの仕様も多く、好きな仕様に組み合わせてください。
Eames aluminum group side chair
※詳細は各リンク先にてご覧頂けます。

ロンドンオリンピックの聖火トーチをデザインしたことで知られるイギリスのデザイン・ユニットBarber Osgerby(バーバー・オズガビー)が手掛けたTip Ton(ティプトン)。
世界有数の工科大学であるETH Zurichの研究で、前方傾斜する座り方が身体への負担を軽減し、血液の循環を促し、集中力を高める効果があることが明らかになりました。
脚部の先端に9度の傾斜を設けることによって、体重移動という人間の動きを利用し前傾姿勢をとることができます。このシンプルな発想により、見た目にも美しい形態を実現しています。
Vitra Tip Ton
※詳細はリンク先の商品ページへ

1950年代にピエール・ポランによりデザインされたF031 Desk Oak、CM231 Chair。
1960年代を象徴する有機的なピエール・ポランデザインとは異なり、初期作品にみられる直線を基調としたミニマルなデザインと、機能性を追求したフォルムが特徴です。
デザインはもちろんのこと、見た目のスッキリさや日本の生活様式にあったサイズ感が人気のシリーズです。
F031 Desk Oak
CM231 Chair
※詳細はリンク先の商品ページへ

ホームワークのチェアにお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。
また、その他多くのチェアを取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。

Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時
MAIL:mcm_hankyu@bs-intl.com

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/