George Nelson Associates「Nelson Sling Sofa #6382」

2021/09/04

ハーマンミラーのカタログや多くのインテリア関連の書籍でも紹介されている、ジョージ・ネルソンアソシエイツデザインのSling sofa(スリングソファ)。

デザインを担当したのは、ジョージ・ネルソンのデザイン事務所、ジョージ・ネルソン・アソシエイツに所属していたJohn Svezia、Ronald Beckman、Irving Harper。
中でもIrving Harper(アーヴィン・ハーパー)は、シェルチェアのエンボスにもなっているハーマンミラーのロゴ、同社のカタログ表紙のデザイン、家具ではマシュマロソファやボールクロックの誕生秘話にも関わっています。ジョージ・ネルソンという名前に隠れてしまい、知名度こそ高くはありませんが、列記としたミッドセンチュリーを代表するデザイナーです。

プライベート作品の制作も行っていたことから、アーティスト気質を持った人物だと言えると思います。個人的にもアーヴィン・ハーパーの作品には惹かれるものがあり、いつかは彼の作品を、と思っている好きなデザイナーの1人です。

そんな優秀なデザイナー達によって手掛けられた名作スリングソファは、おもにパブリックスペース、ラウンジや待合室への為にデザインされ、現在においても多く使われていますが、自宅で使われている例も多く見られ、当店でもご購入された方のほとんどはご自宅でのご利用をして頂いております。
1964年から2000年まで製造されており、60年代にはネルソンの事務所エントランスに3人掛けのスリングソファが置かれていたこともあったようです。

背もたれのテープは上下のフレームによって突っ張られ、スリングソファの名前にもなっているように背座のクッションが吊られているように設置されています。
背面からも大変美しく、逆台形のフォルムはスッキリした印象。
他にはない独特な構造のためか、当時の販売価格は3シーターでイームズラウンジチェアの3倍近くしたとも。。。すごいですね(笑)

今回入荷したものは、背座のレザーカバー、中材ともに交換済ですので、劣化を気にせずに長くお使い頂けます。
さらに、こちらのスリングソファに限り、離島など一部地域を除き、送料無料にてご配送いたします。
ご興味のある方は、ぜひこの機会にご自宅に招いていただけますと幸いです。

Nelson Sling Sofa #6382
※リンク先の商品ページにて詳細をご覧いただけます。


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/