Vitra Jean Prouvé Collection 2022

2022/09/17




生涯を通じ建築と家具を組み合わせ続けたデザイナーとして知られるジャンプルーヴェ。

どちらも独学で学び20世紀の建築や工業デザインに大きな影響を与えました。
鍛治屋で金属加工を身につけたあと、1923年に自分の工房を開き、9年後にその工房はアトリエ・ジャン・プルーヴェとなります。
2002年以降からプルーヴェの後継者は家具メーカーのヴィトラと提携し、プルーヴェのデザインした家具の復刻版を製造、販売をし続けています。


今季9月17日より、Vitraから Jean Prouvé Collection 2022 が開始されます!
ジャンプルーヴェ製品のカラーを一新し、アトリエ・ジャン・プルーヴェのカラーパレッドから選んだ色を含む新色と4つの製品が復刻され、追加されます。



既存のカラーに加え5色が仲間に加わります。

・Gris Vermeer(グリフェルメール):オランダ人の画家ヨハネス・フェルメールにちなんで名づけられたグレー
・Blé Vert(ブレヴェール):「青い麦」を意味し、実る前の青々とした小麦の色を表現
・Bleu Dynastie(ブルーディナステイ):中国明朝の青花磁器に見られるコバルト色に着想を得たブルー
・Bleu Marcoule(ブルーマルクール):アトリエ・ジャン・プルーヴェの重要なクライアントの大量発注の為に開発されたカラー
・Metal Brut(メタルブリュ):スチールの表面をクリア塗装で仕上げ、素材そのもそを生かしたカラー


プルーヴェ待望の新商品は、2つのスツール「TabouretN° 307(タブレ 307)」と「Tabouret Métallique (タブレ メタリーク)」、
1947年にポテンス用にデザインされた円錐形のシェード「Abatjour Conique(アバジュール コニーク)、
1936年メッスのÉcole Nationale Professionelleのためにデザインされたウォールシェルフ「Rayonnage Mural ( レイヨナージュ ミュラル)」など計4点が新たにvitraのプルーヴェコレクションに加わります。

下の画像はTabouretN° 307(タブレ 307)になります。


9月30日より阪急メンズ店では、随時新商品の展示を開始いたします!
実際に商品に触れたり、腰を掛けて使い心地を試して頂けます。

この機会に生まれ変わったプルーヴェの新作をご自宅にとりいれてみてはいかがでしょうか?
皆様のご来店をお待ちしております!


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/