George Nelson Associates「Nelson Sling Sofa #6382」

2021/09/04

ハーマンミラーのカタログや多くのインテリア関連の書籍でも紹介されている、ジョージ・ネルソンアソシエイツデザインのSling sofa(スリングソファ)。

デザインを担当したのは、ジョージ・ネルソンのデザイン事務所、ジョージ・ネルソン・アソシエイツに所属していたJohn Svezia、Ronald Beckman、Irving Harper。
中でもIrving Harper(アーヴィン・ハーパー)は、シェルチェアのエンボスにもなっているハーマンミラーのロゴ、同社のカタログ表紙のデザイン、家具ではマシュマロソファやボールクロックの誕生秘話にも関わっています。ジョージ・ネルソンという名前に隠れてしまい、知名度こそ高くはありませんが、列記としたミッドセンチュリーを代表するデザイナーです。

プライベート作品の制作も行っていたことから、アーティスト気質を持った人物だと言えると思います。個人的にもアーヴィン・ハーパーの作品には惹かれるものがあり、いつかは彼の作品を、と思っている好きなデザイナーの1人です。

そんな優秀なデザイナー達によって手掛けられた名作スリングソファは、おもにパブリックスペース、ラウンジや待合室への為にデザインされ、現在においても多く使われていますが、自宅で使われている例も多く見られ、当店でもご購入された方のほとんどはご自宅でのご利用をして頂いております。
1964年から2000年まで製造されており、60年代にはネルソンの事務所エントランスに3人掛けのスリングソファが置かれていたこともあったようです。

背もたれのテープは上下のフレームによって突っ張られ、スリングソファの名前にもなっているように背座のクッションが吊られているように設置されています。
背面からも大変美しく、逆台形のフォルムはスッキリした印象。
他にはない独特な構造のためか、当時の販売価格は3シーターでイームズラウンジチェアの3倍近くしたとも。。。すごいですね(笑)

今回入荷したものは、背座のレザーカバー、中材ともに交換済ですので、劣化を気にせずに長くお使い頂けます。
さらに、こちらのスリングソファに限り、離島など一部地域を除き、送料無料にてご配送いたします。
ご興味のある方は、ぜひこの機会にご自宅に招いていただけますと幸いです。

Nelson Sling Sofa #6382
※リンク先の商品ページにて詳細をご覧いただけます。


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/


Kartell La Marie / Set of 4

2021/09/01
こんにちは!

本日はPhilippe StarckがデザインしたLa Marie(ラ・マリ―)のご紹介です。



1998年に世界で初めてポリカーボネート一体成型という製法で製造されたチェア。

ポリカーボネートとは、熱可塑性樹脂の一種であるポリカーボネート樹脂が原料のプラスチック素材のこと。

耐衝撃性や耐久性、透明度に優れた素材であることから

カメラレンズや車のヘッドランプなどに活用されています。

紫外線にも強いうえに、-40℃~125℃までの温度に耐えられるので

屋根や看板などの屋外利用にも最適な素材です。



このチェアの製造販売はプラスチック素材の家具を多く取り扱うKartell(カルテル)が行っています。

素材の特性上、キズや衝撃に強く椅子に必要な十分な耐久性を維持しているので

屋外の使用にも向いているのでレストランやカフェなどのテラス席用のチェアなどにも最適です。

また、7脚のスタッキング(積み重ね)が可能で

使わないときの省スペースというありがたい機能性までをも持ち合わせています。

フィリップ・スタルクの得意とする古典的なデザインにモダン素材を組み合わせるという

彼らしさが色濃く表れたシンプルかつクラシックなチェア。



そんなLa Marieが今回は4脚セットで入荷しました。

なお、こちらの商品はMid-Century MODERN 本店にて展示販売しております。


staff takumi


Kartell La Marie / Set of 4


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/


展示品プライス!「ボビーワゴン」

2021/08/30
先ほどのNewsに続きまして、ジョエ・コロンボの名作「ボビーワゴン」も展示入れ替えをいたします!

ボビーワゴンは、当店でも常に高い人気を誇るおすすめのキャスター付きワゴンです。
デスク周りだけでなく、キッチンやエントランス、ベッドサイド、ソファサイド、などなどご自宅の至るところで活躍してくれます。

ぼく自身も自宅で2つ使用していますが、改めて考えてみると、迷った時はとりあえずかつ自然にボビーワゴンへ収納しています(笑) 収納をする、という事を意識することなく違和感も感じさせないというのは、本当の意味で便利だからだと思います。

ホームワークやご自宅で過ごす時間も増えてきた中で、デザインと機能性を兼ね備えた優れものは、生活を快適にしてくれる必需品です。
現在の生活の中で、収納に関して気になっていることがあれば、ぜひ使ってみてほしいと思う名作ワゴンです。


Boby Wagon 3段 5トレイ ホワイト / 展示品

詳細はリンク先の商品ページにてご確認いただけます。
コンディションなどで気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

Tencho imamu


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-19時 年中無休
当面の間はアポイントメント制とさせていただきます。

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~19時
MAIL:mcm_hankyu@bs-intl.com

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/

展示品プライス!「アカプルコシリーズ」

2021/08/30
夏が終わりを迎えようとしていますね。
まだすこし暑い日が続きそうですが、これからさらに外で過ごすには気持ちの良い季節、秋がやってまいります。
ぜひそんな季節にはベランダやお庭、お部屋の中でものんびりとした時間をお過ごしください。

当店で長らく取り扱いをしているアカプルコシリーズも、そんなリラックスタイムにおすすめのシリーズです。
この度、そのアカプルコシリーズの展示入れ替えを行うため、こちらの3点のみですが、特別プライスにて販売させていただきます。
ご検討をされていた方や、気になっていただいた方は、ぜひこの機会にお買い求めください。

アカプルコシリーズのロッキングチェア。ゆらゆらしながらのんびりした時間をお過ごしください。
Acapulco Rocking Chair / 展示品

ちょうど良いサイズ感はもちろん、天板下の空間にコードの隙間から雑誌などを収納することができる、見た目以上に使い勝手の良いサイドテーブル。
Acapulco Side Table / 展示品

ベランダやソファサイドでちょっと腰掛けたり、オットマンとしてもお使いいただけるマルチなスツールです。
Acapulco Stool / 展示品

詳細はリンク先の商品ページにてご確認いただけます。
コンディションなどで気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

Tencho imamu


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-19時 年中無休
当面の間はアポイントメント制とさせていただきます。

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~19時
MAIL:mcm_hankyu@bs-intl.com

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/

Max Bill / Galerie Meisner

2021/08/27
こんにちは!

本日はMax Billが手掛けたポスターのご紹介です。



1976年にドイツのハンブルグ州にある

Galerie Meisner(ギャラリー・マイスナー)で開催された展示会「Portfolio9×5 konkret」

この展示会には総勢9名のデザイナーやアーティストが参加していますが、

参加者それぞれがポスターを制作しています。

今回入荷したポスターはこの展示会参加者のうちMax Bill(マックス・ビル)によってデザインされたもの。

ここでちょっとばかり彼についてのご説明を。


【Max Bill】

1908年スイスに生まれ。チューリッヒの美術工芸学校にて彫金を学んだ後、ル・コルビジェの影響をうけモダン建築を志しました。

その後ドイツに渡りデッサウのバウハウスにて創立者グロピウスやガディンスキーのもとデザインを学んでいます。

最盛期のバウハウスでデザインを学んだ彼は、バウハウス最後の巨匠とも謳われていて

バウハウスの理念「機能主義的造形」を継承したウルム造形大学の創設などに力を注ぎ、初代校長を務めた経歴もあります。

数学的真実に立脚した美を追求する具体芸術を提唱し、

デザインにはその哲学を落とし込み、今日のデザイン史の土台を築き上げたデザイナーの一人です。

プロダクトデザイナー、グラフィックデザイナー、建築家、彫刻家、さらには理論家や評論家としても名を馳せました。




そんな彼が手掛けた今回入荷したポスターは

プリント方法にシルクスクリーンが採用された貴重な作品です。

こちらは多色刷りなので色に合わせて原版を作成する必要があり、

一つひとつが手作業で手間も掛かる難しい作業なのですが

その分完成した作品には特有の風合いが宿ります。

当店に入荷した個体もそれぞれに若干の版のズレが生じていたりと

全く同じものが2つと存在しないコレクタブルなポスターなのです。




こちらのデザインは全3色。

なんと今回はその3色をコンプリートした状態での入荷です!

それぞれ1点ずつの販売もしておりますが、セット価格も設けています。
※下記のリンクより商品ページをご参照ください。

3点が揃って展示できているうちに是非一度ご来店ください。

なお、こちらの商品はMid-Century MODERN 本店にて展示販売しております。


staff takumi


Max Bill / Galerie Meisner


Mid-Century MODERN
住所 : 〒108-0075 東京都港区港南4-2-26
TEL : 03-6451-4531 FAX : 03-6451-4532
URL : www.mid-centurymodern.com
MAIL : mail@mid-centurymodern.com
BUSINESS HOURS:11-20時 年中無休

Mid-Century MODERN 阪急メンズ東京
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7F
03-6252-5491
BUSINESS HOURS:11時~20時

HOMEPAGE : http://www.mid-centurymodern.com/
FACEBOOK : https://www.facebook.com/MidCenturyMODERN.Tokyo/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/midcenturymoderntokyo/